当教室のポピュラーピアノレッスンは基本的にコード奏法です。
ポピュラーのメロディー譜を、生徒さんが自由なアレンジで演奏出来るよう指導しております。

もちろん、ポピュラー曲のピアノ譜をそのまま譜面弾きでご希望される生徒さんへのレッスンにも対応しております。また教材は「Felice独自メソッド」を用いレッスンを行っております。尚、このレッスンは小学生より可能です。

 

 

これまでブラックボックスだったアレンジのしくみを解明しました

 

リードシート(メロディーとコードネームだけの一段譜)だけでピアノ曲として自由にアレンジ出来るようになりたいと希望している人は沢山いると思います。しかしコード奏法を学ぶも、どういう手順でアレンジするのか?いまひとつ分からない。もやもや感がある。という人も多いかと思われます。

それは、アレンジを網羅したトレーナーはそれこそ必死で練習し、気がついたらアレンジが出来るようになっていたという人が多いからです。かくいう私もそうでした。ですのでアレンジの過程を理論立てて説明しろと言われても説明が出来ないという現状でした。

しかし、アレンジを学びたい人はここ「理論立てたアレンジの過程」が知りたい。言うなれば「アレンジのしくみを見える化」して欲しい。ということに気づきました。

それから生徒さんの「分からない」に徹底的に向き合い、試行錯誤を繰り返しアレンジを三層構造に体系化した「Felice music school アレンジメソッド」を作りあげました。

 

 

三層構造メソッドとは?

 

アレンジを学びたい人は、リードシートだけで自由にピアノ曲として編曲したい。しかし左手はどうすれば良いのか?右手はどうすれば良いのか?またハーモニーは? というところが分からないところだと思います。

左手 バッキング(伴奏)
右手 フェイク
ハーモニー リハーモナイズ

この3つを別々にレクチャーすることで、今まで謎だったアレンジのしくみを「見える化」しました。

 

 

まずはコードを網羅する

 

アレンジのレッスンは上記の、バッキング・フェイク・リハモナイズで進めていきますが、その前にコード(メジャートライアド、マイナートライアド、ドミナント7、マイナー7,メジャー7、マイナー7♭5)を基本型、転回形で体で指で覚えるということを行って頂きます。当教室独自のコード練習表をお渡し致しますのでこれでコードを網羅して頂きます。

 

 

バッキング・フェイク・リハモナイズのスキルを徐々に上げていく

 

レッスンは先に述べた三層構造メソッドで行いますが、徐々にスキルを上げていく形です。非常に分かり易いレッスンに作りあげましたので、徐々に無理なくスキルがアップしていきます。

 

 

曲の形態を学ぶ

 

16小節の、A→A´→B→A´ このような形態の曲の場合。
全ての小節が同じバッキング(伴奏)ですと商品にはなりません。小節内でキメるところという箇所が存在します。大まかにはAの最後、B(サビ)に入る前の1~2小節(俗にFill-Inと呼ばれます)また終止の1~2小節。少なくともこの部分は変化を持たせます。

また、曲中のデッドスポット(空白部)にもそこを埋めるものが必要となります。

こういった曲をアレンジする中でのコツ、及びオリジナルテクが必要となる部分も詳しくレクチャーしていきます。

ゆくゆくは、8ビート、16ビート、ボサノバ、スウィング、ブルース、ファンク、ソウル、ロックンロールといった主要なポップスアレンジがマスターできます。

 

 

こういった方にお勧めです

★ ウェディングプレーヤー、ラウンジプレイヤーをご希望されている方!
★ 弾き語り演奏をご希望されている方!
★ バンドでキーボードを担当されていて、今より更にセンスを磨きたい方!
★ コード奏法を今後レッスンに取り入れたいピアノ講師の方!
★ リトミック講師の方で、よりレベルの高い「即興演奏」を習得したい方!
★ コードだけで様々な曲を弾いてみたい方!

 


 

ウェディング、ラウンジ、ライブハウス等で豊富な演奏経験を持つ講師が、自ら学び実践してきたノウハウを、分かり易く体系化したメソッドにしマンツーマンで指導しておりますので、受講生の多くは1年足らずで、ほとんどの方リードシートアレンジ完全マスターを達成しております。また、他教室でコード奏法を学んだがよく分からなかったという人、現在音楽教室でポピュラーピアノを教えているがどうやって教えたら良いのか分からない、またコード奏法コースを自身の教室で開設したいという先生方も多く通われております。

ピアノアレンジを修得したい全ての方へ、ご満足頂ける密度の濃いレッスンを行っております。

 

当教室のポピュラーピアノレッスンを受けてみませんか?