コード奏法を習いたい方への不安にお答えします。

いずれポピュラー、ジャズをコードで弾けたら良いなと思っている方は多いようです。

しかし教室に通ってレッスンを受けようかと考えてはいるものの、不安も沢山あることでしょう。
今回から、何回かに分けその不安・疑問にお答えしていきます。

 ピアノの経験は全くないのですが、クラシックよりコードでピアノアレンジを希望しています。

 大人の方の疑問と想定して回答させて頂きます。コード奏法と言ってもピアノを演奏することに変りはありません。ピアノの経験が全く無いのでしたら、やはりクラシックピアノと並行することをお勧めします。コード奏法と言えども基本のクラシックピアノがある程度必要です。
但し、大人の場合はクラシックピアノとコード奏法の両立レッスンが可能です。大人の場合、まずピアノを弾くための道具である手、指、体が既に備わっています。また理解力、応用力もあります。ですので、クラシックの導入部分の、手のフォーム作りから入り、運指、指が動く練習、片手弾き、両手弾きというピアノの基礎練習がある程度のレベルまで達成出来ると、それにコードを追加することが可能となります。当教室ではコード奏法を希望しているけれどもピアノの経験が全く無い方には全てこの方法でレッスンを行っております。目安としては大体3~6ヶ月でコードも加えて良い状態になりますので、受講後6ヶ月辺りからクラシックピアノとコード奏法の両立レッスンが可能となります。