みなさま、はじめまして。

Felice music school 主宰の たか田 麻見です。
Felice music school は2008年12月、登戸に開室させて頂きました。 開室当初よりクラシック・ポピュラー(コード奏法)・ジャズを融合させたレッスンを行っていることが注目され、この8年あまりの間で延べ生徒数200人を超えました。この不況下において、これだけの数を出せたことは大変嬉しく、また大変有難く思っております。 生徒さん、及び保護者の方、加えて教室運営を手伝って下さった方々に心より感謝致します。 誠にありがとうございます。

当教室では、常に第一線の新しい音楽を研鑽し、それらをいち早く時代のニーズに合ったクオリティーの高い指導教材に作成しレッスンに用いております。 今後更により良い音楽教室を目指し、尽力していく所存でおります。

また当教室は、受講者の「何を学び、何を得たいのか?」という要望に徹底して向き合い、技術と満足を提供するということをコンセプトに掲げております。そして指導方針はどちらかというと「スパルタ」です。スパルタというと、少々退かれる方(保護者の方)もいらっしゃるかと思いますが、従来ご想像されるスパルタではなく、 当教室では未就学児童でも小学生でも、趣味の方でも、全員の生徒さんにいかに要望している技術を習得させるかということを目標としております。しかし技術を習得させるために、厳しくレッスンしていくという考えは毛頭なく、私が日々研鑽していることは、技術の習得のために、いかに楽しく効率的にレッスンしていくか?ということなのです。

現在、私は講師業と共に「教室運営コンサルティング」の仕事にも携わっております。ビジネスノウハウや脳科学においても日々勉強しており、そこで学んだ要素をそのまま、レッスンに取り入れております。効率的な練習方法(細分化式練習方法)、自宅練習の習慣づけなど。楽しくレッスンを受け、十分に音楽を楽しみながらも、確実に技術が修得出来ているということが当教室のテーマであり、更に私自身の最大のテーマでもあります。